ビンズンのあれこれノート

ベトナム南部はビンズン省在住/ビンズンのローカル情報(カフェ多め)& ベトナム文化 を 私目線で どしどし記録。

つけめん料理「ブンチャー」を食べよう

f:id:nachan716:20180805202727j:plain

Xin Chao!

 

ベトナムの代表的な麺料理と言えばフォーですが

実はフォー意外にもたくさんの麺料理があるんです。

ブンボー、ブンリウ、バインカン、ミー、フーティウ、ミークアン…

そのひとつが、私の大好きなつけ麺の「ブンチャー」!

 

 

一緒にでてくる野菜に、ブンとよばれる米麺と揚げ春巻きをまきまき。

そしてつけダレにつけて食べます。(これとビールが最高の組み合わせ!)

 

フォーなどの麺料理は割とすぐお腹すいちゃうんですが

これなら肉も野菜もしっかりとれるので

簡単に夜ごはんを済ませたいときなんかに便利です。

 

さてそんなブンチャーですがハノイの名物なので、

南部には、なかなかお店がありません。

今日は最近ビンズンに新しくできた(らしい)、

ブンチャーのお店があるのでそちらを紹介します。

 

その名も「ブンチャーオバマ

 グーグルマップでは検索してもでてきませんが、このあたりです。

オバマさんが目印なのでお店の看板をよく見てね。

 

f:id:nachan716:20180805201246j:plain

 

 

私が勝手に中心地としているBECAMEX TOWERから、

歩いて5分もかからない場所にあります。

なんでもオバマさんがハノイを訪問した際に食べた

お店の味を再現しているのだとかいないとか…笑

 

実際にオバマさんが訪れたお店はこちらの記事からどうぞ

https://welove.expedia.co.jp/destination/asia/vietnam/33689/ 

 

 

店内は机とイスが並べられているだけのいたってシンプル。

メニューは、

 

ブンチャーネム 30K

ブンネム    25K

ネム       5K

 

の3種類のみ。

f:id:nachan716:20180805202315j:plain 

 

ネムというのは北部の方言で、

揚げ春巻きのこと。(南部ではチャーゾーと言います)

Kというのは1000の単位で、

30Kは3万ドンを意味します。(約150円です)

 

私が行ったのは夜8時頃、店じまいをしようとしているところだったので

残念ながら写真が取れなかったのですが、通常はお店の外で

もくもくと白い煙と香ばしい肉の香りをたてながら

つけダレに投入する肉を炭火で焼いています。

この匂いに誘われて入ってしまう人もいるでしょう!

 

さっそくブンチャーを注文すると、お姉さんが手際よく作ってくれました。

 

f:id:nachan716:20180805201454j:plain 

待つこと10分程度・・・でてきたのがこちら。

 

f:id:nachan716:20180805201428j:plain

右の皿にのっている白いかたまりが、ブンと呼ばれる米麺です。

ブンはそうめんみたいに細いです。 

f:id:nachan716:20180805202935j:plain

 

ハノイでは大きなつくねがドボンと2、3個入っているのが一般的ですが、

こちらのお店では薄い豚肉と小さなつくね?がつけダレに投入されていました。

うん!おいしい!

このつけダレ、炭火の香りがアクセントになって食欲がわきます。

 

ブンチャーは、何といってもタレが命。

ベトナム人でもおうちで再現するのが難しいらしく、

何で作っているのかと聞いてみても「本当にわからない…」そうです。

茶色いのでヌクマム(魚醤)ベースかと思い、

塩辛い味を想像していたのですが全然!むしろ甘辛い。

地元の人にもこのお店の味はなかなか美味しいと評判です。

お好みでチリをいれたり、にんにくを入れたりアレンジしながら食べてください。 

f:id:nachan716:20180805201712j:plain

 

ブンと肉でけっこうなボリュームがあるので、これで十分お腹いっぱいになります。

でもやはり本場の味とはちょっと違う・・・もっとタレに衝撃があったような。

来年ハノイ旅を計画しているので、今から楽しみです。

オバマさんが訪れたお店へ行ってみようと思います。

 

 

ではでは、フォーに飽きたらブンチャー!おためしあれ。

最後まで読んでくれてありがとう。 

\ふむふむと感じたらクリックしてね/


にほんブログ村